読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そういえば今日でミルカス晩成ご臨終ですね

夜に読んでる暇な方はこんばんは
そうでない方はこんにちわ
センター北の何だかんだ強いデッキを握ることに定評のある私です。
今回は適当に昨日出たウィクパの感想を書いていきたいと思います。
使用ルリグ縛魔炎

一戦目花鳥風月後攻
こちらのデッキは基本的に赤青緑の3色のスペルを運用して行くので、デッキ内分としてサーバントがかなり多い形になっています。
そのためグリアナとエキドナで頻繁にランデスをされるため、滞りなく動くには戦嵐の双撃やウルバンといった動きのキーパーツをエナに送らざるをえないためかなりテンポが狂います。

特にグリアナによって暴風警報が機能しにくくなるのが辛く、かなり苦戦させられました。

また相手の構築がきちんと止めを見れる構築だったのも辛かったです。

最後は相手のプレイングミスで勝ちを拾わせもらったが次勝てるかは怪しい。

二戦目アルテマイオナ後攻
ヘイケスカンダが思った以上に厄介でウルバンがバニッシュされるという痛恨のミス。

そしてパワーラインの関係上盤面にシグニを置くわけにいかなかったり暴風をうまく構えられなかったので負け。

暴風二枚と縛魔炎の効果があったのでプレイング次第では十分に勝機はあったので辛い

三戦目スペルク先攻
こちらがレベル3に乗った時点で相手のライフを0にした
その後何故か相手がアタックをしなかったり奇妙なプレイングが目立った
その後相手がエナを勝手にゼロにしたので適当に殴って勝ち

4戦目花代5
戦嵐の双撃君迫真のフォーカード

負け

楽しかったです!
おっつおっつばっちし☆





虹は、何度でも甦る。ひでは、何度でも死ぬ


🎍🐒明けましておめでとうございます
最近いろいろと忙しかったりそうじゃなかったりでブログの更新をサボっていた僕です。

なんか、いつの間にかブログのPVが1000を超えたそうです!!わーいわーいわーい!!
それで、PVって何でしょ…

正直、今の環境が混沌としてて僕自身どのデッキも上手く解説できる自信が無かったのですがそもそも環境とか以前に上手く解説できてないことに気づいたので気にせずやってきます。

という訳で今回解説していくのはこのカードです!
f:id:soshizerozaki4:20160114203955j:image
縛魔炎さん!!
キャー!!ハナヨサーン!!

最近、私がよく使っている縛魔炎さんですが効果を噛み砕いて説明すると

「スペルを使用した数だけ相手のサーバントのレベルを縛れる」

と言った感じです。
上手く回ると相手のサーバントを封殺してルリグアタックを通すことができます。

この能力が実は結構有能で、白以外のルリグだと割とメインのダメージソースとしても数えられます。

よく言われるのが「3まで上がるなら四面使えるGO炎罪で良くね?」
f:id:soshizerozaki4:20160114223121p:image
などという的外れな指摘ですがこの能力とリミットから十分な差別化は出来ていると思います。

サラッと言及しましたがリミット9というのもかなりチカラあります。
淫夢で例えるならAKYSですf:id:soshizerozaki4:20160114223015j:image
後々解説しますが

イリスアゲート

f:id:soshizerozaki4:20160114223541j:image

ウルバン

f:id:soshizerozaki4:20160114223547j:image

カクセン

f:id:soshizerozaki4:20160114223606j:image
などのシグニを惜しみなく盤面に展開できるのは縛魔炎ならではの強さです。
縛魔炎のスペックとしてのざっとした説明はこんなところです。

では次にメインデッキの解説です。
まずはこのデッキのメインあたっかー
NONA REEVESのにとってのNSDR
イリスアゲート!!YEAH!!
f:id:soshizerozaki4:20160114223541j:image
イリスアゲートさんは縛魔炎と似通った条件を持つシグニです。

ダウンしてダブルクラッシュをつける効果とダウンして赤コストで自身のパワー以下のシグニをバニッシュする効果を持っています。

つまり、スペルを二回使うことでダブルクラッシュが通る盤面を作ったりすることが出来ます。

あとイラストレーターさんが希さんなのもアド。

デメリットもあるので基本的には盤面に一枚だけ置く形になりますが、このデッキは継続してコイツを置く必要があるので私は四枚積んでます。

また、イリスアゲートと相性がいいカードがコレ



f:id:soshizerozaki4:20160114235711j:image
神砂嵐君だ!!


手順と致しましては
  1. イリスアゲートダウンダブクラ付与
  2. 神砂嵐君でイリスアゲートにアサシン付与
  3. イリスアゲート自身の効果で起き上がる
という感じです。このうごきがシンプルに強い、横にウルバンを添えると更に強い。

関係性で言うならばAKYSとKENだ
f:id:soshizerozaki4:20160115001803j:image

ちらりとふれたがダブルクラッシュのお友だち
ウルバン君だ!
f:id:soshizerozaki4:20160115002108j:image

ダブルクラッシュのダメージを3点に増やすことが出来る強力なアシストメンバーだ。
だが、相手にエナを与えてしまうので、運用タイミングには気をつけたい。

他にも安定のダブルクラッシュ要員
f:id:soshizerozaki4:20160114223606j:image
カクセンや

相手の手札を見て縛魔炎の効果を最低限で済ませるTAP姉貴
f:id:soshizerozaki4:20160115125319j:image

主要なパーツはこの当たりです。
デッキの内容はかなり自由度が高いので、硝煙アンモを入れるもよし。鯖ランサーするのも良しです。
私としてはエナのイリスアゲートを回収出来る、贈呈もオススメですよ。
f:id:soshizerozaki4:20160116003500j:image

あと、このデッキは3で本格的に動く事が多いのですが三剣だけはレベル2であらかじめ打って置くといいです
f:id:soshizerozaki4:20160116003626j:image
理由としては至極単純ですが、三剣は強力なエナチャージがありますがその後にスペルアーツが使えないデメリットがあります。

つまり、三剣で構えたエナを使うにはどうしても一ターン開ける必要があるのです。

なので、基本的にはレベル2で打ち
スリーアウトを打って手札に回ってきたらターンの締めに打つという感じで使っていきましょう!

f:id:soshizerozaki4:20160116003852j:image


そしてレベル3に上がったら
イリスアゲートとウルバンを軸に強力な打撃を叩き込みましょう!
イリスアゲートウルバンウルバンが強力な布陣です!

ここまで基本的な動きを解説してきましたが皆さんの中には「解説はいいから対面の事教えろよ!」
という方もいると思います。
ですが、私が使っているため、安易に弱点を晒すわけにも行かないのです。

なので、Twitterなどで質問を頂ければ随時答えていく次第であります!
@soshizerozakiまでどうぞ!

さて、それでは最後のまとめになります。
この縛魔炎さんですが人によっては
爾改の方がいい。
ユヅキの方がいい。
などという方もいるだろうとは思います。

しかし、リミット9による展開の自由さ
そしてスペルを軸にしたトリッキーな戦術
自分のルリグアタックを確実に通して点を刻める事による長期的な戦術など、縛魔炎にはいいところが沢山あります!
これを機に皆さんもストレージで眠ってる縛魔炎の姉貴でデッキを組んでみませんか?f:id:soshizerozaki4:20160116004905j:image

それじゃぁ今回はこの辺で。
最後まで読んでいただいてありがとうございます。
おっつおっつばっちし☆






なんやかんやファンが多いERDR姉貴狂おしいほどすき


夜の方はこんばんは
そうでない方はこんにちは
気がつくと新しいデッキを組み始めようとしてしまう僕です。

さて、今回は厳正なるアンケート調査の結果皆大好きエルドラさんの記事をあげることになりました。
わーい!
f:id:soshizerozaki4:20151226010240j:image
↑のイラストははるのつくし様(@harutsuku)のイラストをお借り致しました!
この照れ隠しな笑い方がエルドラさんの魅力ですよねやばいやばい

実は私、WIXOSSで一番心打たれたシーンがエルドラ&ちより回だったりします。

呆れるような態度を取りながらも内心ではちよりの事を大切に思っているエルドラの聖人具合に涙がで、出ますよ。
特にアニメの

エルドラ「ちより!!!…………大好きでしたよ……あんたのこと
のシーンは涙腺崩壊不可避だって、はっきりわかんだね。

f:id:soshizerozaki4:20151226011255j:image
ちより「エルドラぁぁ…!!
f:id:soshizerozaki4:20151226011400g:image
僕「エルドラぁ……!」


つまり僕はちよりだった…??

さて、そんなエルドラさんです。

以前のように最初から細かく歴史を振り返って見てもいいのですがそれだと正直飽きてしまうと思われます。

というのもエルドラは不遇の時代が長く、大きな動きがあったのは強化パックの時と今回のsuperの登場時くらいなのです。

今回は新しく出たエルドラSUPERさんの解説をしていきたいと思います。

しかし、私はエルドラを握った事がないため私の友人のデッキを基に紹介していきたいと思います。
ほれいくど〜f:id:soshizerozaki4:20151226011200j:image

まずはデッキレシピから今回のデッキレシピを提供してくれたのは神奈川県お住まいのネプテューヌU君です(@yugioh1155)
もしレシピに不満があれば彼に言ってください(責任から逃げるプレイング)
f:id:soshizerozaki4:20151226011752j:image
というわけで各カードの解説に移ります

まずはこのデッキの主役エルドラSUPERさん
f:id:soshizerozaki4:20151226012113j:image

すごいドヤ顔です

とてもいいドヤ顔です
f:id:soshizerozaki4:20151226214946j:image

ですがドヤ顔の割にその性能には疑問が持たれていました。

今までのエルドラと違い操作するのは相手のライフであり
他には絶妙なパワーパンプとあまりパッとしない印象が強かったのです

しかし、SUPER軸のエルドラは今までと違いトリッキーな動きが可能です。
動きの解説は後にかきますので次はシグニ君たちの紹介です。
f:id:soshizerozaki4:20151226215405j:image
シグニを守る偉大な器の持ち主シロナクジちゃん
そして!今回登場した新規シグニ!
f:id:soshizerozaki4:20151226215451j:image
アロワナちゃんです
シロナクジは今更解説することも無いので割愛致します。

話題としてはアロワナちゃんですね。
アロワナちゃんはメインフェイズに好きなタイミングで相手の山札の上を見ることが出来てアタック時に手札が7枚以上ある時シグニをトップにバウンスできたりします。

ここで先程のSUPERさんとのシナジーが発生するのです。
手順を分けて書くと
  1. アロワナさんでLBを持ってないシグニAをデッキトップにバウンスして1点
  2. アタック時エルドラSUPERの効果でデッキトップにバウンスしたAのシグニをライフクロスに
  3. これで相手のシグニをライフクロスをどかすことができます
ただ、最初のアロワナパンチはLBが予想できないので悪しからず
そしてこのアロワナちゃんのアタックを通す為に横に添えられるのがシロナクジちゃんです
アロワナちゃんを
f:id:soshizerozaki4:20151226221429j:image
こんなカードや
f:id:soshizerozaki4:20151226221441j:image
こんなカードから守ることができます。

又、シロナクジがエルドラSUPERの効果でパンプしていれば2回まで守ることができるのです。
野獣先輩女の子説より隙がない構えです
f:id:soshizerozaki4:20151226221919j:image
ただし、アロワナちゃんをうまく使うには手札を多くキープしなきゃ行けないため構築は難しいです。

ネプテューヌUはそこをTHREESwitchでカバーしたりしていますね。浅はかな男です。

しかし、ナクジ2体の鉄壁譜面との切り替えなど応用性は高いのです。
他にも
  • スペードによる安定したサーチ技能
  • 三剣によりある程度速攻に追いつける
様々な利点があります
是非とも皆さん組んでみてはいかがでしょうか






















そしてここからは一転攻勢僕がエルドラSUPERを認められない理由を書いてイクゾォォォォ!!!!
主な理由としては下記のようなものだ!
  1. アロワナのAMSでよくね?感
  2. アロワナSUPERくらいしかLC要素がない
  3. 戦い方がthe堅実
  4. ワクワクを思い出すんだ
f:id:soshizerozaki4:20151226222732j:image
皆!思い出してくれ!!淫夢1章を初めて見た時のワクワクを!!
f:id:soshizerozaki4:20151226223203j:image
とち狂ったようにダイヤブライトでバカスカダメージを作っていた時代を!
f:id:soshizerozaki4:20151226223253j:image
皆が愛していたエルドラは相手のLCを潰して喜ぶようなヤツだったか!?
違うだろ!!
さぁ、わかってくれたか皆!!

わかってくれたのならば今すぐエルドラIVのデッキを組もう!!
dynamiteスヴァスヴァダイヤブライトで全てを破壊し尽くそう!!
f:id:soshizerozaki4:20151226223512j:image
f:id:soshizerozaki4:20151226223845j:image
じゃ、今回はこのへんで
終わり!!閉廷!!







悠久の使者 サシェ・プレンヌ

夜の方はこんばんは
そうでない方はこんにちは
どうもどうもお久しぶりです。

ここ数日、FategoにハマってしまいGO信者と化した僕です。
GO IS GOD
f:id:soshizerozaki4:20151220195807j:image
さて、実は私昨日から10分事にTwitterを開いております。

別にツイ廃だからという理由ではありません。
ある人のデッキレシピがいつになったら公開されるのかと狂った様に見ているのです。


勘がいい方はご理解いただけたでしょうが、私から執拗なストーキ…失敬、熱烈なファンコールを受けているのがそう!!

無事サシェWIXOSS世界一の座に掛けたmasterさんです!!!

いや!!!めでたい!!!!

YEAH!!!!!

近藤大輔!!!!近藤大輔見てるか!!!!?

フラッシュ!!!!!!(禁断症状)

f:id:soshizerozaki4:20151220200817j:image

いやぁ!!本当にめでたい!!!!
私自身masterさんには頑張って欲しいと思う反面優勝は無理ではないかと思っていました。

というのも保湿サシェは使ってみるとどうしても、タマとウリス相手に辛い印象が私の中でありました。

しかしそれは杞憂と言うものでした!
masterさんはウリスとタマを踏み越え!!
世界一になったのです!

つまり、ウリスとタマが取れなかったのは私がプレイングクソザコナメクジ君だったからであって、勝てる人は勝てるのです!

少しテンションを落とします

さて、無事終了したWIXOSSCUP
その頂点をサシェが取ったというのは他のデッキが取った場合よりもより、大きな波紋を呼びます。

その心としては今のWIXOSSの環境が関係しております。
以前私がブログに書きました
今のWIXOSSは上位が
  1. 止め赤
  2. 紅蓮ウリス
  3. 少し下にミュウ
という状態です。
止めは四面楚歌
f:id:soshizerozaki4:20151220203321j:image
青の中ではピルルクのロックユー(画像はリメンバ)
f:id:soshizerozaki4:20151220203429j:image
この二つの様に相手に何もさせずに確定死を押し付けるデッキ。
或いはミルルンの様にリソースを根こそぎかっさらっていく様なデッキが上位を安定して取っている状態です。

私自身、なれたものですが
WIXOSSはアニメからみて入った」
WIXOSSが初めてカードゲーム」
という層の方に取って、上位をこういったデッキが占めていると言うのはやはりモチベーションの大きな低下に繋がります。


勿論、どのルリグも平等にすればいいというわけではありません。


どんなデッキにも強味があり、弱味がある。それこそがデッキの個性に繋がるからです。

私は遊戯王をしていた時
「このデッキは環境についていけないから」という理由であっさり切り捨てられましたがそうは行かないのです

WIXOSSはアニメーションが成功しているが故にキャラクターへの愛着があり
「このルリグを使って勝ちたい」
「このデッキが好きだからこだわりたい」
という方の割合が他のカードゲームよりも多いのです。

だからこそ、自分のデッキのギミックをろくに行えずに殺される上記のデッキは嫌われる傾向にありました。

私の周りにも何人かWIXOSSを引退しようとしている人もいます。

そんな中のWIXOSSCUP本戦
私も
「勝つのはどうせ青かユヅキあたりだろう」
と、どこか冷めきった見方をしていました。
故に大会実況も見ていませんでした。


しばらくしてなんとなくTwitterを開くとトップ4が映し出されていました。

そして度肝を抜かれました。


画面にあったのは花代2人にサシェとアン、
どのデッキも今の環境トップからかけ離れていました。

あまりの驚きに興味がなかった私もついつい決勝の生放送を見てしまいました。

そして始まった決勝戦

あの時、果たして何十人が画面の前で固唾をのんでいたでしょうか


大器晩成が発動した時、何百人が目を見開いたでしょうか


そして、晩成の後にタンサーがめくれた時、何千人が叫んだでしょうか

そして







サシェが世界一の称号を得た時、果たして何人が自分のデッキを思わず手に取ったでしょうか






あの時1人のカードゲーマーが世界一の実績と共に証明してくれたのはWIXOSSというゲームの可能性でした。

改めて優勝、おめでとうございます。


あぁ〜…WIXOSSしてぇ
f:id:soshizerozaki4:20151220213209j:image

あ、そうだ(唐突)

この人ホモだけどWIXOSSうまいからみろよみろよ

じゃ、今回はこのへんで
おっつおっつばっちし☆ 



速さが足りない!!

夜に閲覧の方はこんばんは
そうでない人はこんにちは
センター北のデッキをホイホイ変えることに定評のある奴アイカワですたい。
前回はサシェの初歩的な解説とタンサーとプルートの役割の解説でしたね。
前回も上げたとおりタンサーフォーの登場により比較的、点数の取り合いは早くなりなりました。
しかし、それでも取れて2点。
紅蓮ウリス、ミルルン、スペルクが毎ターン3点かっさらっていく環境ではお世辞にも優秀な得点力とは言えません。
故に、タンサーが出てもサシェの立場は微妙なものでした。
しかし、そんな時にサシェが脚光を浴びる出来事が起きたのです。
WIXOSSカップ川崎予選でmasterさんという方がサシェで権利を獲得したのです。
その時のレシピがこちら
f:id:soshizerozaki4:20151214163629j:image
僕「たまげたなぁ…」
基本的に毎ターンサタンは組み直すものだと思っていた僕にとってこのレシピは革命的なものでした。
とくにスペルクは得点を取ろうとすればAMSの効果の都合上、必ずスペルを使うことになるので保湿が必ず引っかかるのです。
f:id:soshizerozaki4:20151215112232j:image
アタック時にどかすタイプには保湿を打ち。
メインでどかしてくる相手にはプルートで守る。
f:id:soshizerozaki4:20151215112416j:image
他にも3ユヅキ相手に無駄なダメージを抑えたり使用用途は多いです。
保湿をサタンに当てて暴風警報を打てばシグニダメージ0に抑えられるのです。
f:id:soshizerozaki4:20151215112728j:image
そして一際目立っているのがこのカード
f:id:soshizerozaki4:20151215112758j:image
値段がありえないレベルで跳ね上がっている龍滅連鎖くん
このカードで相手のエナを縛り、ミルキィサタンで逃れられない1点を刻んでいくのです。
f:id:soshizerozaki4:20151215113134j:image
「逃れられない(運命)!!」

私もこのレシピ通りにデッキを組んでみたのですが、マルチエナとプルートの兼ね合いがうまくつけられなかったり保湿を打つ相手だと龍滅連鎖のエナがうまく構えられないなど、私のプレイングセンスでは持て余すものでした。

ただ、私が回せないというだけでこのデッキは相当なポテンシャルがあるという事が実績からも証明されています。
サシェを組んでみようという人は是非ともこのレシピを参考にしてみるといいゾ~^これ
f:id:soshizerozaki4:20151215113755j:image
そしてmasterさんのレシピを参考に組んでみた僕のサシェがこれです
f:id:soshizerozaki4:20151215113910j:image
保湿を連打せざるを得ない相手には緑を大量確保しなければならない点と盤面開けられたとき用のプルートエナ確保の両立が本当に難しく四苦八苦している所です。
ある意味このサシェは環境によってデッキ構成がガラリと変わるデッキです。
保湿が強い環境なら鯖を増やしたり
改良の余地は多いです。
よろしければ皆の意見を聞かせてくれよなぁ〜頼むよぉ〜。

機会があればカクヤタンサータンサーで6点から殺すプランや
博愛ウラヌスなど今回語りきれなかった事も上げたいと思っています。
WIXOSS界のマジメくんことサシェ、是非とも組んでみてはいかがでしょうか
今回はテンション低い状態で書いたのでこのへんで終わります。

エルドラはあげません。

ではまたいつかー








お尻?おっぱい?いいえ、ケフィアです

んでば?こぺ?!!るんどばけすら!
すぺぺぺぺろん!んぉ!!!!でばでろ!?
ちょゆあおいか!

どうもこんにちは、今回は最近発見されたと言う「しのっそ語」で挨拶してみました。
普段と違う言葉だと、ついつい要らぬことまで言ってしまうのが僕の悪い癖だ。

さて、前回の記事ではお尻界のWIXOSS担当ことミュウさんの紹介を致しました。
WIXOSS出世街道まっしぐらのミュウは淫夢で言うならば田所だ。

今回はすこし中堅所、淫夢で例えるならばマジメくんにあたる「サシェ」について語る。
おい、いま「マジメくんって誰だよwww」って言った奴誰だ、表出ろ。
f:id:soshizerozaki4:20151212205042j:image
さて、愚かな者達が去ったところでまずはこれらのカードを見て欲しい
f:id:soshizerozaki4:20151212205115j:image
f:id:soshizerozaki4:20151212205136j:image
f:id:soshizerozaki4:20151212205120j:image
これらのカードを見て皆さんが抱いた感想を予想していきたい。
「おっぱい」「おっぱいすげぇな」「変な髪型」「てか、博愛と悠久を足して2で割るようなルリグが良かった、どっちも両極端」「おっぱい」
大まかに分けるとこの辺りだろう。

しかし、私が抱いた印象は少し違う、それはこれらのカードのフレーバーテキストを見て頂ければ分かる。

「戦います、貴方の笑顔の為に」

「どんな未来も、支えてあげたい」

わたしの全てを捧げます

カンのいい人は察したかもしれない。

そう!サシェの最大の特徴、それは

全てのセレクターの妻である

ということだ。

考えてみて欲しい。
普段女と縁がない男がナイスバディな女性に「私の全てを、捧げます」などと言われてオチないことなど有りうるのか?

答えは否。

きっと、すぐさまにでも入籍したくなる。そしてサシェはきっと受け入れてくれる。
故にセレクターは皆サシェデッキを握ると同時にサシェと婚姻関係を結んだという事になる。

これからきたるクリスマス、カードゲーマーからしてみれば冬の風以上に冷たい視線を浴びる事になるだろう。

だがそれも去年までの話だ。
我々にはサシェという妻がいる。恐れることなど何も無い。街道を歩けなかろうと我々はバージンロードを歩き終わっているのだ。

ここまで読んでくれた読者の中には「うわっ!俺サシェ握ってねぇよ!」「おっぱい」「サシェと婚姻関係結んどけば良かった…」などと後悔されている方もいるだろう。
だがサシェはきっと待っていてくれる。さぁ!今こそカードショップに行き、サシェのスターターデッキを手に取るのだ!
その小さな箱こそが我々の婚姻届だ!

俺達の満足は!!これからだ!!!



え?ルリグ解説?したじゃないですか嫌だなぁもう…


え?何?そんなにやって欲しいの?
しょうがねぇなぁ(悟空)

というわけでサシェの解説だ。
まずはサシェの基本的な解説
  1. ミュウやアイヤイと違いレゾナへの依存度が高い。某有名セレクターPKDN氏のブラックデザイアのように高い。
  2. その為、レゾナシグニのスペック自体は総じて高い。相手の色に干渉したり。アルテマメイデンイオナのようなルールを強制したりする。
  3. また、レゾナは強力だがサシェ限定のシグニ自体は単体で作用するものが少ない。良くも悪くもレゾナを軸にしたデッキだ。
  4. その分、サーチなどには優れているので手札が足りなくなったりすることは少ない。
  5. ルリグは安定したサーチとエナを作れる「悠久」と攻撃に特化した爆発力がウリの「博愛」がある。今回は悠久について解説するf:id:soshizerozaki4:20151212213452j:imagef:id:soshizerozaki4:20151212205136j:image
  6. また、デッキパターンは大きくわけて2つ、サタン軸とウラヌス軸だ。今回はサタン軸を取り扱う。f:id:soshizerozaki4:20151212213753j:imagef:id:soshizerozaki4:20151212213800j:image
大きくわけでこんな所だ。戦い方としてはボラリスf:id:soshizerozaki4:20151212214108j:image
デネブf:id:soshizerozaki4:20151212214205j:image
で手札を稼ぎつつ、サタンを場に出して1点ずつ刻んでいくのが今までの形であった。
また、サタンにミルキィウェイで耐性を付与してより確実な1点が通る工夫を凝らしていた
f:id:soshizerozaki4:20151212214408j:image
しかし、私の中でのサシェは正直そこまで強いデッキではなかった。というのも
  • 防御が薄くなるレゾナルリグにおいて持久戦をするという矛盾
  • ミルキィウェイなどで点を通そうとすると莫大なエナが必要になる。
主にこの2点が引っかかっていたのだ。
しかし、新規のシグニによりこの点は解消される。
サシェにとっての救世主とも言えるのがプルートとタンサーフォーの2枚だ。
f:id:soshizerozaki4:20151212215209j:imagef:id:soshizerozaki4:20151212215216j:image
これによりプルートをフォウトで再利用したりエナチャージでルリグデッキに戻す事により継続的な戦闘が行える。
さらにミルキィサタンを警戒している相手がサタンの正面以外を開けてきた時に空いたところにタンサーを置いて2点をもぎ取りに行ける。
こうしてサシェは強化されていった…
しかし、それでもイマイチパッとしない印象だったサシェWIXOSSカップを制覇した猛者が現れることにより、サシェは脚光を浴びる事になる。

少々長くなったので今回はこのへんで
次回はWIXOSSカップ優勝のサシェについて語ったりして行きたい。
あと最後に僕のサシェのレシピ乗っけるから見てね( ´•௰•`)f:id:soshizerozaki4:20151212215714j:image












こいつのお尻のせいでノンケになりそう、訴訟


このブログのPVが100を超えたそうです。
やったやった!100だ!!わーいわーい!
おそらくPVとはパプリックビューイングか何かの略だろう、なんであれめでたい事だ。というわけで本日も更新していきたい。

前環境デッキの今環境への変遷は前回綴らせて貰ったが、今回は新しい環境に黒塗りの高級車で突撃してきた新勢力達について語ろうと思ふ。

f:id:soshizerozaki4:20151210230420j:image
最強の成長率WIXOSS界のお尻担当ミュウ

ミュウといえば以前はアラクネ姉貴2体で相手の盤面を制圧しつつ戦局を有利に進めるタイプがスタンダードであった。
新弾で強化された、と言ってもアラクネ2体のタイプが弱いという訳では無い。むしろ、アラクネが処理できないデッキに対しては無双していた。淫夢動画のひでとおじさん位の安定感は今でも通用するだろう。
f:id:soshizerozaki4:20151210224826j:image
だが今回新しく追加されたお尻…もとい新しいシグニがミュウの戦術に新たなバリエーションを加えたのだ。
淫夢に例えるならばTDN騒動から一息ついて黎明期を迎えそうになっていた時に発掘された「迫真空手部」に近い
f:id:soshizerozaki4:20151210230339j:image
追加されたシグニで現在使われているのは「カマキリシリーズ」と「クマムス」そして「ヴェスパ」の三種類だ



ミュウといえば後半のリアニメイトは充実しているがデッキ自体を掘り進むギミックがないのが悩みの種であった。
f:id:soshizerozaki4:20151210222208j:imagef:id:soshizerozaki4:20151210222204j:image
それを解決するのがハナカマキリとボクカマキリだ。どちらも出現時、相手の場にチャームがあればドローorサルベージが出来る。これにより前半から安定した手札リソース、エナリソースの確保な務められるのだ。
f:id:soshizerozaki4:20151210222238j:image
さらにオオカマキリによりトラッシュに落ちたカツレツキャッチリリースのサルベージなど出来ることが格段増えた。漫画家でありながら少年を調教していて、なおかつ作曲家であるKBTITのような多様性である。(尚、作曲に至ってはゴーストライターを使っていたが…)
f:id:soshizerozaki4:20151210230248j:imagef:id:soshizerozaki4:20151210230618j:image
こうして安定したリソース源からつながるのがヴェスパによるアサシンダメージだ。
f:id:soshizerozaki4:20151210222246j:image
このヴェスパというお姉さん、僕をノンケにしてしまいそうなエロスだけではなく、とてつもない有能な効果を兼ね備えている。
相手の盤面にチャームがいる時にレベルが下がり。自分よりレベルが高いシグニがいるとアサシンがつくというお手軽アサシン付与だ。
余りにもお手軽過ぎて花代さんが血涙を流していた。
これにより相手にエナリソースを作らせずにダメージを稼ぎつつ自分はカマキリでリソースを増やす戦い方が可能になった。
これだけならばまだ「少ないエナで守って返しで盤面開けてダメージぶち込んでやるぜ」と一転攻勢を狙う人もいるだろう。
それを妨害するのがこの子
f:id:soshizerozaki4:20151210222359j:image
クマムスちゃんだ
今弾から登場したアタックレゾナの1枚で対戦相手のシグニ一体にチャームをつけて、そのシグニがアタックする時相手は3エナを払わなければ行けない。
というルールを追加するシグニなのだがこの子が曲者である。
何しろエナ2つから盤面に現れイマゴの効果で1エナチャージされる為実質1エナの消費だ。
しかもこの効果はシグニではなくプレイヤーに作用する為ゲインやAMSだろうと3エナ払う必要がある。
ここで辛いのがエナだ。
先ほどのヴェスパによるアサシンを防ぐと攻撃を通すエナが。
クマムスを捩じ伏せる為のエナを確保しようとするとダメージを食らう。野獣と三浦に板挟みを食らった木村状態になるのだ。f:id:soshizerozaki4:20151210230740j:image
しかも中途半端なエナで殴りかかってクマムスを処理すると返しにヴェスパの攻撃を捌ききれなくなる。
「じゃあアタックする時に盤面開けるタイプのシグニ使えばいいじゃん!終わり!閉廷!」と思う読者もいると思う。そこで引っかかるのがアラクネ先輩だ
f:id:soshizerozaki4:20151210224826j:image
アラクネを出しておきアタックする時に相手のシグニは自動でバニッシュされる
それが嫌ならばアラクネをメインで処理するしかない、しかしそうするとそのシグニゾーンからクマムスが湧いてくる。
こうしたホモ特有のネットリとした守りがミュウの強味だ。
最近はアラクネクマムスクマムスブラスラ辺りがミュウの採用枠となっている。
もっとも、今はロックユーピルルクミルルン三止めユヅキ辺りのWIXOSSする事を辞めた連中が環境を制圧しているため環境トップというわけにはいかないが、正統派なWIXOSSに置いては充分環境トップの器だと思っている。f:id:soshizerozaki4:20151210230928j:imagef:id:soshizerozaki4:20151210230934j:imagef:id:soshizerozaki4:20151210230931j:image
強力な守りと攻めが兼ね備わったミュウ次の繭の部屋次第で充分環境を取れるので今の内から要チェックだ。

因みに私の友人に「アラクネさんの毒で殺されたい」というド変態を通り越して狂人じみた願望をもつ変態がいた。
私は一般人なのでヴェスパさんのお尻に渾身のヘッドバットをかましてアナフィラキシーショックで死にたい。
何故わざわざ自分から死ににいってるのかわからず困惑しているヴェスパちゃんの尻をガン見しながら死にたい。
読んでいただきありがとうございました!